40代に合う洗顔料をお探しの方に、40代向けの洗顔料をランキング形式でご紹介しています。40代の肌には40代にあった洗顔料が欠かせません。特に40代になると肌の水分量が大幅に減少するので、肌を乾燥をさせないような洗顔をする必要があります。そこで、40代にあった洗顔ができる洗顔料を厳選しましたので、ご覧になってください。

40代の肌に最適な洗顔料の選び方をご紹介

3つのポイントに注目して選びましょう!
肌の水分を奪わない洗顔料を選ぼう
石油系界面活性剤は肌の水分を奪ってしまうので、天然の界面活性剤を使用した洗顔料を選ぶのがポイントです。40代になると肌の水分量が少なくなってくるので、洗顔で水分を奪われてしまうと基礎化粧品でお手入れしても肌が乾燥した状態が続いてしまいます。
保湿成分が配合された洗顔料を選ぼう
洗顔料に保湿成分が配合されていると、洗顔しながら潤いを補給することができます。洗顔時には毛穴が開くので、保湿成分の浸透力がアップします。タオルで顔を拭いたりしている間に毛穴は閉じてしまいますので、洗顔しながら保湿できるのがベストです。
エイジングケア成分が配合されたものを選ぼう
保湿成分と同様に、毛穴が開いている間にエイジングケア成分もしっかりと浸透させることが大事です。基礎化粧品でのエイジングケアと併用することで、高い効果を生み出すことができます。

40代向け洗顔料おすすめランキング

hanaco クレイ
石油系界面活性剤を使用せずに天然の界面活性剤を使用した洗顔料。2種類の天然クレイを配合することで、毛穴汚れを綺麗に落とすことができます。米ぬか発酵エキスやローヤルゼリーなどの保湿成分が配合されているので、保湿効果にも優れています。さらに、エイジングケア成分として4つの花精油を配合し、洗顔しながらエイジングケアができるようになっています。
水分を奪わない:◎ 保湿成分:◎ エイジングケア成分:◎
VCOマイルドソープ
洗浄成分として配合しているのはヴァージンココナッツオイルなので、石油系界面活性剤は一切含まれていません。保湿成分としてはヒアルロン酸が配合されています。エイジングケア成分は配合されていませんが、ヴァージンココナッツオイルにはエイジングケア作用も期待できるので、エイジングケアもしっかりとできます。
水分を奪わない:◎ 保湿成分:◎ エイジングケア成分:○
琉白
天然成分だけで作られた洗顔料なので、水分を奪う石油系界面活性剤は不使用となっています。美容成分としては、月桃葉水・セージ葉エキス・タイムエキスなどの植物由来成分が配合されています。植物由来なので、肌にふたbんをかけないところがポイントです。
水分を奪わない:◎ 保湿成分:○ エイジングケア成分:○
KIBIKI
石油系界面活性剤ではなく、アミノ酸洗浄成分を100%使用した洗顔料です。保湿成分として配合されているのがヒアルロン酸です。また、高濃度茶カテキンを配合しているので、優れた抗酸化作用が期待できます。抗酸化作用はエイジングケアに繋がりますので、エイジング効果もバッチリです。
水分を奪わない:◎ 保湿成分:◎ エイジングケア成分:○
Vida Puro
水分保持作用のある天然の糖質トレハロースを配合した洗顔料です。石油系界面活性剤やパラベンが配合されていないところは良いのですが、赤227や赤504といった着色料が配合されているところは残念なところ。肌が弱い方には不向きかもしれません。
水分を奪わない:○ 保湿成分:○ エイジングケア成分:△

40代に一番おすすめしたい洗顔料は?

40代の方には「hanaco クレイ」をおすすめしています!
水分を奪わない天然クレイで洗顔
⇒ 水分を奪う石油系界面活性剤を使用せず、吸着性に優れた2種類の天然クレイを配合しています。天然クレイが毛穴に詰まった汚れを吸着させて落としてくれるので、すいぶんを奪われることなく洗顔することができます。
保湿成分配合で洗顔しながら保湿できる
>⇒ 米ぬか発酵エキスやローヤルゼリーなどの保湿成分をたっぷりと配合しているので、洗顔時に毛穴が開いたところにたっぷりと保湿成分を浸透させることができます。
4種類のエイジングケア成分を配合
>⇒ ダマスクバラ花油・ビターオレンジ油・ラベンダー油・アルガニアスピノサ核油といった4種類のエイジングケア成分を配合しているので、洗顔しながら本格的なエイジングケアを行うことができます。

洗顔+保湿+エイジングケアをバランス良く行えるのは完全無添加の「hanaco クレイ」だけ!